【映画】 だらだらっと感想 【DVD】

【実写版テルマエロマエ】

阿部寛さん の雰囲気とかは良かった。銭湯にいるジジババのたたずまいも最高。キャスティングは色々良かった。

ただ、シナリオ・脚本が残念。

付け焼刃の勉強でラテン語話しちゃう上戸彩さんも違和感しか…。思ったよりは悪くなかったけど、見ないで他の事すればよかったな、という感じの映画でした。

【100歳の少年と12通の手紙】

1日を10年に例える、というシチュエーションで掴まれました。

いやらしい(これみよがしな)演出も無く、下品な(さあここで泣けな)演出も無く、すっと胸に入ってきた作品でした。


【刑務所の中】

花輪和一さん漫画の映画化。漫画が好きだったので心配してたのですがこれが良かった。淡々としたあの漫画の良さを、映画での淡々とした良さで演出してる。

何気に役者さんが豪華で、渋い人もたくさん。

食べるシーンも「普通に旨い」「普通が旨い」な感じで好き。こういう映画は、やっぱ邦画のが日本人向きってことでいいのかな。

【酔いがさめたら、うちに帰ろう】

何とは無しに借りたのですが、サイバラさんの元夫さんの自伝だったんですね。

永作博美さんの演技が素晴らしくはまってて、この映画のどんよりした雰囲気に色を添えてました。

でもちょっと尺が長すぎに感じて途中から倍速で見ちゃいました。あと、ラストの忌野清志郎さんの主題歌の入り方がズコーって感じでした(笑)。

スポンサーリンク

よく読まれている記事

スポンサーリンク

Posting....